2012年06月05日

ORSI - Flicorno Baritono

 
  01.jpg

 イタリアの老舗工房オルジーの卵型フリコルノ・バリトーノ。ドイツ系のテノールホルンに相當。

 テノールホルンとの違ひは、第3ヴァルヴの抜差管の形状とメインテューニングスライドとの位置関係。第3ヴァルヴの抜差管が長く見えるのは、このため(長さは通常の金管樂器と同じ)。また、テューバ型のフリコルノと同じく、ベルフレアが大きい。

  01-b7723.jpg
  參考畫像:K&H のテノールホルン
 
【イタリア系(Flicorno Tenore, Baritono, Basso)の最新記事】
Copyright(C) 2012 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jun.05 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア系(Flicorno Tenore, Baritono, Basso) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maker Unknown - Euphonion or Bariton

 
  01.jpg

 メーカー不詳のオイフォニオン、もしくはバリトン。

 メインテューニングスライドの支柱を見ると、ドイツ系で見慣れた形状とは少し違っている。全体的に1844年に、ウィーンのフランツ・ボックによって特許申請された、最初のオイフォニオン(Euphonion)に似た形状。

  euphonion_bock.jpg
  ウィーン工科大學所蔵の、Franz Bock による Euphonion のスケッチ
 
Copyright(C) 2012 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jun.05 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東欧・ドイツ系(Tenorhorn, Baßflügelhorn, Bariton) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maker Unknown - Tenorhorn

 
  01.jpg

 メーカー不詳のテノールホルン。各ヴァルヴにはバネの強さを調整するネジとストッパートリガーがついてゐる。チェルヴェニーにも同様のものがあるが、一つ一つにストッパーはついていない。

  oldtenorhorn02.jpg

 スタンプ等はなく、メーカーが判明しないが、この Ackermann & Lesser (1880-1945) の樂器に、パーツがよく似ている。

  02.jpg
  http://historical-euphonium.seesaa.net/article/273627109.html
 
Copyright(C) 2012 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jun.05 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東欧・ドイツ系(Tenorhorn, Baßflügelhorn, Bariton) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ackermann & Lesser - Bariton or Euphonion (1880-1945)

 
  02.jpg

 ベルのトリムには「Ackermann & Lesser Dresden」の刻印があり、ベルには「Eigentum der Hochbahn Berlin」(ベルリン高架鉄道所有)の刻印がある。Ackermann & Lesserは、元々管樂器の販賣會社で、1905年から管樂器の製造も始めたらしい。

 こちらも同じ Ackermann & Lesser の樂器であるが、パーツの形状が異なる。

  ackerman.jpg
  http://historical-euphonium.seesaa.net/article/125089764.html
 
 また、こちらの樂器とパーツ形状が似ている。

  01.jpg
  http://historical-euphonium.seesaa.net/article/273630127.html
 
Copyright(C) 2012 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jun.05 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東欧・ドイツ系(Tenorhorn, Baßflügelhorn, Bariton) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

Serpent(Prototype)

 
  01.jpg

 古樂器のセルパン(「蛇」の意味)。本來は刳り貫いた木を合はせ、革を巻いて作られたやうだが、これはアメリカの愛好家が製作したプロトタイプで、樹脂製。もし購入したい方がゐたら、こちらからご連絡を。ただし、大量には作れないないため、入手はタイミング次第。

 眞面目に練習してゐないので、まだとても演奏ができるほどには至ってゐない。
 
Copyright(C) 2012 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.24 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Serpent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。