2009年11月23日

Sudre - Halari Saxhorn Basse ca.1900 - 1950


  01.jpg  02.jpg

 フランスの François Sudre は、同じくフランスの Halari (Halary - 1821年、オフィクレイドの特許を取ったメーカー) と合同で、Sudre - Halary 商会として、1877年から金管樂器の製造を開始した。

 Sudre と、その師匠である E.Daniel は、音程補正ヴァルヴを開發し、1884年に特許が取られた。これは後に金管樂器の教則本として有名なアーバンの作者、Jean Baptiste Arban の名を取り、「Arban - Compensateur」と名付けられ、1889年には、このヴァルヴを用ゐた金管樂器が製造され始めた。

 この樂器にも、その Compensateur ヴァルヴが採用されてゐる。音程補正システムは、第3ヴァルヴを使用時に、第1ヴァルヴを組み合はせた時にのみ、迂回管を通る仕組み。

  04.jpg  05.jpg

 なほ、1900年には、boulevard Rochechouart 13 に工房を移してをり、この樂器のベルには同住所の刻印があることから、1900年以降、同社が樂器製作を終へるまでの1950年までに製造されたものだと判斷できる。
 
  03.jpg
 
參考文献
The New Langwill Index
Tony Bingham, 1980 6th edition William Waterhouse
ISBN 0-946113-04-1

參考サイト
Jean-Michel RENARD
http://www.renard-music.com/
 
Copyright(C) 2009 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Nov.23 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス系(Saxhorn Basse) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。