2009年08月04日

Besson & Co. - Euphonium (Blaikley's Compensating) 1921-1931

 
  01.jpg  02.jpg

 パリからロンドンへと移った、ベッソン社のユーフォニアム。フランス系のサンソルン・バッセの他、各種のユーフォニアムを製造していたようだ。1921〜1931年頃に製造されたようだ(Lars Kirmser's Music Trader より)。このモデルも、ブージーの技術者であるブレイクリーのコンペンセイティングシステム(4ヴァルヴ・セミダブルB/F式)を採用している。

 現在のモデルとは、第3ヴァルヴと第4ヴァルヴの管の取り回し方が違っている。

  03.jpg

 歴史的金管を用いたアンサンブルで活動をしているウォーレスの少年時代の画像に、この楽器が見られる。
 
Copyright(C) 2009 Hidekazu Okayama (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Aug.04 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス系(Euphonium) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124987186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。